top of page

漢方治療エピソード その1

70代女性



症状・お悩み


高血圧 眩暈 耳鳴り ぼーっとする 眠気がある だるい 便秘



治療の流れ


この患者さんの娘さんがもともとなかたにクリニックに通っており、娘さんの紹介で来てくれました。それからは、めまいや耳鳴りなどの症状に対して漢方による治療を進めていました。 これはその患者さんがコロナに罹患した時のお話です。熱はないけど倦怠感があったため漢方の「補中益気湯」を処方しました。倦怠感がおさまった後、「血圧が上がったり眠気が出たりするからなんとかしてほしい」とやや興奮気味におっしゃるので血圧のお薬を処方しました。しかしその後も血圧が高くなったり低くなったりはおさまらず… この時私が感じていたのは、この患者さんは周囲の事に意識が行きがちなところがあるということです。自身がコロナにかかったことの不安に加え、家族など周りの人たちへの心配などもあり、気が立っているように見えました。そこで正直に「他人の話に首を突っ込みすぎではありませんか?周りのことを気にするよりも、まずは自分の足元を見て落ち着いてください。今の状態でお薬を出しても意味がないので、お薬は飲まずに様子をみましょう。」とお伝えしました。 約1か月後、表情をみると別人のようにすっきりとしているのが見てわかりました。患者さん曰く、「先生に言われたことが衝撃だった」「周りとの折り合いも良くなって楽になった」とのことで、体調的にも精神的にも落ち着いたようでした。 今でも漢方を少量処方していますが、これは「お守り」のようなもので、習慣的に薬を飲まなくてもよい状態になりました。



医師から一言


「自分を変えれば周りも変わる」ということを改めて実感したエピソードでした。他人のことを気にしたりまだ起こっていない未来に怯えたりすることで、自分自身を追い込んでしまう方が多くいます。これでは体調不良を自ら招いているようなものです。患者さん自身がこのことに気が付くことが回復へ向かうきっかけになります。

最新記事

すべて表示

漢方治療エピソード その3

40代女性 症状・お悩み 喉が詰まる 息苦しさ どの病院に行けばいいかわからない 治療の流れ 「喉が詰まる、息苦しさ」という症状に対して、どこの病院に行けばいいのかわからず、耳鼻科や内科など複数の病院を転々としていたようです。病院で診てもらっても一時的に症状が良くなったり悪くなったりの繰り返しで、病院に対し疑心暗鬼になっていました。もしかしたら食道ガンなど大きな病気なのかもしれないという不安もあり

漢方治療エピソード その2

20代男性 症状・お悩み 発熱 頭痛 咽頭痛 倦怠感、39度の熱 コロナの疑い 治療の流れ 初診日(夜診) 高熱が出ていたのでなかたにクリニックで検査をしたところ、新型コロナウイルス感染症の陽性が認められました。この患者さんは20代と若い方で、高熱のわりに汗があまり出ていなかったので、発汗療法をすることにしました。発汗療法とは免疫力を高めるために発汗を促す治療方法のことです。 (発熱・発汗は免疫力

bottom of page