top of page

漢方治療エピソード その2

20代男性



症状・お悩み


発熱 頭痛 咽頭痛 倦怠感、39度の熱 コロナの疑い



治療の流れ


初診日(夜診) 高熱が出ていたのでなかたにクリニックで検査をしたところ、新型コロナウイルス感染症の陽性が認められました。この患者さんは20代と若い方で、高熱のわりに汗があまり出ていなかったので、発汗療法をすることにしました。発汗療法とは免疫力を高めるために発汗を促す治療方法のことです。 (発熱・発汗は免疫力を高めようとする身体の反応です。高熱が出たときはよく解熱剤をつかうイメージがあるかもしれませんが、場合によっては逆効果になることがあります。) 発汗を促すために「大青竜湯」を処方し、2~3時間おきに飲むよう指示しました。 1日目(翌日) 朝に電話で体調を伺うと、もう熱は36.8℃まで下がってだいぶ楽な状態になっていました。喉の痛みがあるとのことだったので「小柴胡湯加桔梗石膏」を処方しました。 3日目 喉の痛みと微熱、関節痛に効く「桂麻各半湯」を処方しました。 4日目 症状はかなり落ち着いており、喉の痛みと倦怠感がまだ残っていたので、「補中益気湯」と「桔梗石膏」の漢方を処方しました。 漢方を服用するのが初めてだった患者さんでしたが、おかげさんで楽になりましたと感謝の言葉をいただきました。


医師から一言


症状が同じ患者さんであっても年齢や体力を考慮した結果、違う漢方を処方することがあります。また、治療経過によって漢方を変えることもあります。

最新記事

すべて表示

漢方治療エピソード その3

40代女性 症状・お悩み 喉が詰まる 息苦しさ どの病院に行けばいいかわからない 治療の流れ 「喉が詰まる、息苦しさ」という症状に対して、どこの病院に行けばいいのかわからず、耳鼻科や内科など複数の病院を転々としていたようです。病院で診てもらっても一時的に症状が良くなったり悪くなったりの繰り返しで、病院に対し疑心暗鬼になっていました。もしかしたら食道ガンなど大きな病気なのかもしれないという不安もあり

漢方治療エピソード その1

70代女性 症状・お悩み 高血圧 眩暈 耳鳴り ぼーっとする 眠気がある だるい 便秘 治療の流れ この患者さんの娘さんがもともとなかたにクリニックに通っており、娘さんの紹介で来てくれました。それからは、めまいや耳鳴りなどの症状に対して漢方による治療を進めていました。 これはその患者さんがコロナに罹患した時のお話です。熱はないけど倦怠感があったため漢方の「補中益気湯」を処方しました。倦怠感がおさ

Commenti


bottom of page